So-net無料ブログ作成

ゲゲゲのゲイ?? [どーでもいいけどー]

シゲコ・ボンボワール(以下シ)「真夜中の迷える仔羊ちゃん♪
                    アタシが待ってるわよ~[黒ハート]
                    シゲコ・ボンボワールです[るんるん]

カミコ(以下カ)「皆さん こんばんわ。 さえない主婦代表のカミコです。」

シ「ちょっとカミコ!
  アンタやってくれたわね!!」

カ「え?いきなりなんですか?!」

シ「アンタ!
  記事がないわよ!」

カ「え?昨日ですか?
  昨日は私、子供の用事で一日埋まってたんだから
  仕方なかったんですよ。
  シゲコさんに前もって今日は休みますって連絡しましたよね?」

シ「そーじゃないわよ!
  アンタ
  記事が消えてるのよ、火曜日の!」

カ「あれ?!
  ほんとだ…
  あちゃーーーー
  間違ってやってしもうたかな…」

シ「せっかく おもしろかったのに!」

カ「×ンポ様がですか?」

シ「そうそう、それそれ」

カ「好きですもんねー」

シ「そうそう!
  ってコラ。言わせんじゃないわよ。
  でも、消えちゃったら、もう見れないじゃない…」

カ「大丈夫ですよ。
  言ってたの、これですよね?」



シ「そう、これ!
  ってあれ?前回と違うわね」

カ「前回のは平成版のゲゲゲの鬼太郎で
  こちらは昭和版です。たぶん。
  今回のほうが古いです。」

シ「こっちのほうが長いわ。
  …
  ……
  そして衝撃のラスト!!
  よくぞ、これ描いたもんねぇ。感心するわ。」

カ「こんなの小学生男子が見たら
  大好物でしょうねぇ。」

シ「小学生男子は×ん×ん、う×こは大好きだからねぇ。
  あ、アタシは違ったわよ。
  とても上品で清楚な男子小学生だったから。」

カ「ま、誰も信じませんけどね。」

シ「何か言った?」

カ「シゲコさん、今日は花の金曜ですよ!
  儲け時じゃないですか?!」

シ「そうね、今日は早めにお店に行くわ。
  じゃあね。子供のころから下品そうなカミコちゃん。」

カ「私こそ、小さいころから上品でしたーー!!」


カミコの声もむなしく
夕暮れ前にいそいそと街に消えゆくシゲコであった。


シ「げ、げ、ゲゲゲのゲイ[揺れるハート]















あなたの手でシゲコ・ボンボワールを全国へ!
オカマ育成シュミレーション?
sigekobana.gif
 クリックよろしくぅぅ[キスマーク][キスマーク] 日記 ブログランキングへ

こっちもよろしくねん[黒ハート]
sigekobana2.gif
にほんブログ村




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

今日はお休みなんだかグダグダねぇ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます